ポートフォリオ運用

ポートフォリオ運用

虎の子を得る

・想定外の事態の遭遇に備える

 

価値のある虎の子を見つけ、最もよい決行時期を決めても思わぬことが起こるのが現実の世界です。いつもはエサを取りにいく
時間に親虎の体調が悪く洞穴で寝ていたり、子虎がたまたま外に遊びに出て洞穴にいなかった、など
想定外のケースについても一定の成果を目指します。そのために、いかに優秀な虎の子でも1頭と決めつけず、
多様な虎の子を混ぜて対象とします。

よい投資成果を得る

・リスクを考慮して安定したリターンを目指す

 

基礎編:「個人投資家のためのポートフォリオ運用」

投資家が望むことは、①大きくもうけたい、②損はしたくないーという2つのことだけ、という投資の基本から始め、分散投資の有利性からポートフォリオ運用が合理的な投資であることを解説します。
講座では最適なポートフォリオの求め方、ベータ値の意味と実践的な使い方まで説明します

 

実践編:「ポートフォリオ戦略実践講座」

大手経済新聞社で機関投資家向けの証券分析サービス、投資パフォーマンス評価システム等の開発に主導的に携わった
データ解析の専門家が担当します。
相場の変動を統計的に分析することで客観的な相場のメドを提供する他、投資の現場でポートフォリオ運用をどう適用するかを
指南します。