NEW チャートの先生実地指南:「もみ合い・保ち合いの心理:三角保ち合いになる理由」を公開しました。  (2022/01/10公開)




<『応用編・講座』>
「応用編・講座」の「チャートの先生実地指南」で新講座を公開しました。

ー もみ合い・保ち合いの心理:三角保ち合いになる理由 -

 今回は株価が時間の経過と共に何故「三角形」になっていくのかを考えます。
 まず、もみ合いとか保ち合いとか言われる同じような水準で株価が行ったり来たりすることを考えてみます。
 以下の図1と図2をご覧ください。

   


   

 図1のようにXとYとの間で下がれば売り、上がれば買われるという株価の動きを考えてみてください。
 この図を見ると、Xで買って Yで売れば儲かる、と誰もが思うのではないかと思います。この動きが長く続けば続くほどそう思うことが多くなり、ますますXやYが強固な下値や上値になって来る「ハズ」です。
 ただ、そこで、少し考えてみてください。株の値段が付く、と言うことはその値段で売る人と買う人がいるわけです。Xが安値、Yが高値と「決まって」いたとすれば、果たして誰がXで売り、誰がYで買うのでしょう?
 Xと Yの間での動きが仮に決まっているとすれば、誰もがXで「買い指値」をしてYで「売り指値」をしておけば儲かるということになります。そこで、「やはり、Xは割りこまないのか」と思うような人が多くなるとだんだんXの水準では買えなくなってしまい、今度買うときはXより少しだけ高いところで買っておこう、と言う人が多くなるのです。
 同じように前回売りそびれてしまったから、と言うことで、今度は「Yよりも少し安いところで売っておこう」と言う人が多くなり、だんだん上値を切り下げることになるのです。この動きが上下で均等に起きると図2のような三角形になって来るのです。



<*****>
当講座の本体である投資の学習サイト、『資産運用のブティック街』の色々な特長をこちらのユーチューブでまとめて紹介しております。『ブティック街』の利点を十分ご理解、ご活用いただけるようご一読をお勧めします。

                      ≪お知らせ≫

時節柄、ご家庭で活用すべき時間が増えていることと思われますので、その活用の一環として全ての株式投資に共通する基本をご家庭で身につけていただきたく、「家庭で学ぶ投資の王道・ワンピース講座」をユーチューブで無料公開いたしました。
以下の講座をご一覧いただき投資の地力アップの一助にしていただければ幸いでございます。


        === 講座一覧 ==

第1回:「日経平均会社の予想業績(予想利益)を求める」

第2回:「不合理な相場変動の背景を解明、正当な相場へアプローチ」

第3回:「客観的な根拠に基づいた”正当な日経平均”を決定」

第4回:「個人投資家のためのポートフォリオ運用:こと始め」

第5回:「株式投資のための経営分析(その1)」



**図2のような三角形がどのように実際に作られるのか、詳しい内容は応用編の本番講座をご覧下さい。

*ご注意:本番講座は会員向けの「応用編・講座」に収録されます。ご覧になるためには会員登録が必要となりますが、会員登録した当月中は無料でご利用いただけます。お気軽にお試しください。(退会の手続きはトップページの「退会手続き」の窓から行えます)。

講師:清水洋介
大和証券、外資証券会社、外資系オンライン証券会社などを経て、証券アナリスト「チャートの先生」としてテレビ・雑誌等に登場し、また、現役ディーラーとしても日々相場と対峙する。 講演を行う一方、2014年5月に株式スクールを開校するなど投資に関して幅広い分野で活躍。著書:ローソク足と酒田五法(パンローリング)など多数。

—————————————————————————————
IIS
(有)インテリジェント・インフォメーション・サービス

お問い合わせは以下までお願いいたします。
info@iisbcam.co.jp
—————————————————————————————