理論株価で相場評価:「堅調なファンダメンタルズの下、通常範囲の上側を超えた市場リスクの動向に注目」  (2017/08/19公開)

============  「理論株価で測る相場の位置づけ」  ==========

    ― 堅調なファンダメンタルズの下、通常範囲の上側を超えた市場リスクの動向に注目 ー 


 株式相場は6,7月と続いたこう着状態からここに来て一転、下落し始めました。北朝鮮の核・ミサイルによる挑発がグアム近海を射程にするとの発表に至り一気に情勢が緊迫したためです。またトランプ大統領の白人至上主義者の騒動への対応に対する反発が広がったことも市場の不安を高めたと言えます。
 この間、ファンダメンタルズに目立った変化はありませんから、ここでの相場下落の原因は市場リスクの高まりと言えます。

 こうした市場リスクと相場変動の関係を以下の図1と図2を合せて見ることで明らかにしていきます。
 図1は株式相場がこう着状態に入る前の5月から直近の8月18日までの日経平均、理論株価、日経平均の通常変動の上側と下側、そしてファンダメンタルズを示す予想EPSと米ドルレートの動きを日次ベースで示したグラフ、図2は同期間について市場リスク(*)の推移を示すグラフです。

 図1.日経平均、理論株価、通常変動上側と下側、予想EPS、米ドルレートの推移
                   ―2017.5.1~2017.8.18-

相場20170818A

 紺色の線が日経平均、青線が理論株価、赤線が通常変動の上側と下側、緑線が予想EPS、紫線が米ドルレートを示します。各指標名の後の数値は直近の8月18日の値です。米ドルレートはやや軟調ながら業績(予想EPS)は好調を維持、史上最高値を更新し続けています。
 こうした堅調なファンダメンタルズを映して理論株価は5月半ばから直近まで一貫して2万円近辺で安定的に推移してきましたが8月9日(茶色の縦線)から日経平均は理論株価を下離れします。5月前半までは通常変動の上側と一体で来た日経平均は8月18日にはむしろ通常変動の下側が視野に入る位置まで来ています。
 こうした動きの背景にある市場リスクの動きを示すのが以下の図2です。

  図2.市場リスク(資本コスト)の変遷と標準リスク、通常範囲の上側と下側
                 ―2017.5.1~2017.8.18―

相場20170818B

 紺色の線が市場リスク、中央の黒線が“標準リスク”、標準リスクを挟んで上下にある赤線は市場リスクの通常の変動範囲を示し、ノーマルなリスク水準の境界を示します。標準リスクと通常の変動範囲については前週の当講座をご参照ください。
 図中の茶色の縦線は図1と同様、日経平均が理論株価から離れた8月9日を示します。ちょうどこの日に市場リスクが通常範囲の上側を超えて上昇し、ノーマルなリスクの範囲を外れたことが分かります。
 理論株価、すなわちファンダメンタルズが安定的に推移する中で、今後の相場の行く末を占う際のカギは一つの限界を超えて高まった市場リスクの動向が握っていると言えそうです。

(*)市場リスクの大きさは“日経平均会社“の「資本コスト」で捉える
「資本コスト」は投資家がリスク負担に対する報酬として要求するリターンを意味します。リスクが高ければそれに見合うリターン、すなわち資本コストも高くなることからリスクの大きさを表す指標として使われます。この関係を市場全体に適用し“日経平均会社”の資本コストを求めることで市場全体のリスクを表すこととします。詳しい内容は近々、ご案内します。

(*)理論株価、通常変動の上側、その他の相場判断のための指標は当サイトの「理論株価で測る相場の位置づけ」の会員限定版で毎日更新、公開しています。会員登録した当月は会費はかかりません。お気軽にお試しください。

講師プロフィール:日暮  昭

日本経済新聞社においてポートフォリオ分析システム、年金運用評価システム、各種の日経株価指数の開発を担当。2004~2006年武蔵大学非常勤講師。インテリジェント・インフォメーション・サービス代表。

(*)ご注意
投資判断はご自身で行ってくださるようお願いいたします。当講座は投資判断力を強化することを目的とした講座で投資推奨をするものではありません。
当講座を基に行った投資の結果について筆者とインテリジェント・インフォメーション・サービスは責任を負いません。

無断で当講座の転載を禁じます。
(有)インテリジェント・インフォメーション・サービス