理論株価で相場評価:「日経平均下落の背景に市場リスクの標準レベルへの回帰―標準レベル到達後のリスク動向に注目を」  (2017/04/10公開)

============  「理論株価で測る相場の位置づけ」  ==========

― 日経平均下落の背景に市場リスクの標準レベルへの回帰―標準レベル到達後のリスク動向に注目を ー 


 株式市場が不安定な動きを見せています。4月6日には前日比260円を超える大幅な下げがあり、また、4月に入ってから日中の高値と安値の差が200円を超える日が続くなど短期の株価変動が大きい点も気になるところです。
 昨年12月以降、日経平均は通常変動の上側と一体で推移しておりそれなりに安定した状況でしたが、ここにきて相場の構造に変化が生じたように見えます。
 下図は2016年11月1日から直近の2017年4月7日までの日経平均と理論株価、通常変動の上側と下側の推移を示したグラフです。

         日経平均、理論株価と通常変動の上側と下側の推移
                   ―2016.11.1~2017.4.7-

PPT20170407A

 日経平均はトランプ・ショックで通常変動の下側に急接近した後、一転して上昇過程を辿り12月以降は約4か月間にわたって通常変動の上側に沿った動きが続きましたがここにきて下離れ、足元では理論株価に向かう動きが目立ちます。この間、ファンダメンタルズには大きな変化はないのでこの相場水準の変化を引き起こしたものは市場のリスク評価の変化と言えます。
 今回は前週の当講座で触れた市場リスクに基づく相場評価の実際をご紹介します。
 市場リスクの大きさは “資本コスト”という指標で捉えることが出来ます。資本コストというのは投資家が投資によって負担するリスクに見合う分として要求する報酬のことです。市場のリスクが高い時は投資家はより高い報酬、すなわち高い資本コストを求めますので、資本コストの大きさはリスクの大きさに相応します。つまり資本コストはリスクの大きさを表す指標といえるのです。
 下図は一定の方法で求めた資本コスト(市場リスク)と「標準リスク」の水準を上図と同じ期間について示したグラフです。標準リスクは、リーマン・ショックによる混乱の後市場が正常化して妥当な資本コストが求められる最長の期間である2010年5月から直近までの資本コストの平均をとっています。これは、投資家はリスク負担に見合う報酬として”過去の要求リターンの平均が得られればまあよしとする”、という想定に基づいたものです。

          資本コスト(市場リスク)の推移と標準リスク
                ―2016.11.1~2017.4.7-

PPT20170407B

 図中の赤線が標準リスクの位置を示します。値は6.57%で、投資家は株式投資で平均的に6.5%程度のリターンを要求していることを示します。
 市場リスクはトランプ・ショックで跳ね上がった後一貫して低下しています。この期間は日経平均が理論株価を超えるペースで上昇した時期で、株式相場が市場リスクの低下によって押し上げられたことを示します。また、12月半ばに市場リスクの低下が一段落するのと併せて日経平均は通常変動の上側の位置で安定期に入ります。そして、近時にリスクが急上昇した局面が日経平均が理論株価に向かって下落した時期となります。
 この近時の市場リスクの高まりは英国のEU離脱通告や米国の突然のシリア爆撃などによるものと見られます。
 足元の4月7日の資本コストは6.57%で標準リスクにちょうど並びました。今後、新たなリスク要因が生じないという前提で市場リスクはこの標準リスクの近辺で落ち着く可能性がありますが、リスクの変化が相場に与える影響度は大きいだけに今後の動向が注目されます。

(*)理論株価、通常変動の上側、その他の相場判断のための指標は当サイトの「理論株価で測る相場の位置づけ」の会員限定版で毎日更新、公開しています。会員登録した当月は会費はかかりません。お気軽にお試しください。

講師プロフィール:日暮  昭

日本経済新聞社においてポートフォリオ分析システム、年金運用評価システム、各種の日経株価指数の開発を担当。2004~2006年武蔵大学非常勤講師。インテリジェント・インフォメーション・サービス代表。

(*)ご注意
投資判断はご自身で行ってくださるようお願いいたします。当講座は投資判断力を強化することを目的とした講座で投資推奨をするものではありません。
当講座を基に行った投資の結果について筆者とインテリジェント・インフォメーション・サービスは責任を負いません。

無断で当講座の転載を禁じます。
(有)インテリジェント・インフォメーション・サービス