理論株価で相場評価:「上昇相場の継続は業績の後押しがなければ・・・」  (2016/12/19公開)

============  「理論株価で測る相場の位置づけ」  ==========

               ― 上昇相場の継続は業績の後押しがなければ・・・ ー 


 日経平均は12月12日に1万9,155円と昨年末の1万9,033円を超えました。16日には1万9,401円と値を伸ばし、この水準が維持されれば年間を通して陽線(年間で株価上昇)となりチャート的に先行き強気が優勢となる見方もあります。
 一方で、日経平均は理論株価をベースとして計測される通常変動の上側を上回り、注意領域に足を踏み入れました。下図は8月から直近の12月16日までの日経平均、理論株価と合わせて通常変動の上側と下側の推移を示したグラフです。

          日経平均、理論株価と通常変動の上側と下側
              ―2016.8.1~2016.12.16-

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%9520161216a

 紺色の線が日経平均で青線が理論株価、赤色の線が通常変動の上側と下側を示します。11月9日のトランプ・ショックでは通常変動の下側に迫る急落を見せましたが、その後、ドル相場の高騰に押し上げられる形で理論株価が急回復、それに併せて通常変動の上側も急上昇しました。ただ、日経平均はこれを上回るペースで上昇し、直近の12月16日には通常変動の上側、1万9,295円を100円ほど上回っています。
 下図は日経平均、理論株価と併せて理論株価の決定要因である業績(日経平均ベースの予想EPS)と為替(米ドルレート)の推移を示したグラフです。

         日経平均、理論株価と予想EPS、米ドルの推移
             ―2015.8.1~2016.12.16-

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%9520161216b

 日経平均は紺色、理論株価は青色の線で左目盛で示します。緑線は予想EPSで赤線が米ドルを示しどちらも右目盛です。
 図から、日経平均が12月に1万9,000円を超えた辺りで緑色の予想EPSを突き抜けていますが、これは相場の変調を表す現象と言えます。と言いますのは、ここしばらく日経平均は予想EPSと米ドルの間にはさまれた“サンドイッチ相場”で安定的に推移してきた構図が崩れたわけです。
 過去の傾向から、今後、ドル高・円安によって業績が向上、緑線が上にシフトすることで日経平均が再びサンドイッチの中に収まるようになれば安定した力強い相場につながると期待できそうです。
 逆に言うと、業績面の後押しがなければ相場はドル高の片輪に頼る突っ走りが続く危うさを抱えていると言えます。今後の業績見通しの動向が注目されます。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
当コラムの基である「理論株価で測る相場の位置づけ」は以下のグラフと数表で構成され、日次ベースで更新、会員向けに公開しております。

グラフ1:「日経平均と理論株価の推移」
 出力期間:2015年1月5日~直近日
 日経平均と理論株価の推移を示す最も基本となるグラフです。

グラフ2:「かい離率の推移と変動範囲の上限・下限」
 出力期間:2015年1月5日~直近日)
 日経平均と理論株価のかい離の推移を時系列で示します。相場反転の直接の判断材料となります。

グラフ3:「日経平均と変動範囲の上限・下限」
 出力期間:2015年1月5日~直近日
 上記のかい離率を日経平均と同じ水準に引き直したグラフで相場反転の株価の位置を日経平均との比較で直接捉えることが出来ます。

グラフ4:「日経平均と変動範囲の上限・下限―-拡大グラフ」
 出力期間:2016年1月6日~直近日
 上のグラフの出力期間を期近まで絞ることでグラフを拡大、より詳細に反転のタイミングを捉えることができます。

数表  :「直近5日間の日経平均と変動の範囲・かい離率」
 出力期間:直近5営業日
 日経平均と通常の変動範囲、および反転のメドとなる変動の限界を直近の5営業日について数値で示します。

これらのグラフと数表をご覧になるには会員登録が必要ですが登録した月内に退会手続きをすることで会費はかかりません。お気軽にお試しください。

講師プロフィール:日暮  昭

日本経済新聞社においてポートフォリオ分析システム、年金運用評価システム、各種の日経株価指数の開発を担当。2004~2006年武蔵大学非常勤講師。インテリジェント・インフォメーション・サービス代表。

(*)ご注意
投資判断はご自身で行ってくださるようお願いいたします。当講座は投資判断力を強化することを目的とした講座で投資推奨をするものではありません。
当講座を基に行った投資の結果について筆者とインテリジェント・インフォメーション・サービスは責任を負いません。

無断で当講座の転載を禁じます。
(有)インテリジェント・インフォメーション・サービス